新米ママが解説!妊娠線を絶対予防したい人向けのおすすめクリーム

スキンケア

妊娠したら気になる身体の変化として、『妊娠線』を挙げる方は多いと思います。

妊娠線が出来ないようにしていたのに出来ちゃった!という声も多く聞きますよね。

妊娠中, 赤ちゃん, 愛, 妊娠, 母性, 女性, 喜び, マタニティ, 家族

妊娠でお腹が大きくなってくると、スイカの縞模様のような線ができることがあります。これを妊娠線といいますが、急な体重の変化で現れるいわゆる「肉割れ」線です。

出始めは赤紫色やピンク色で時間とともに黒ずんでいき、産後は白くなって目立たなくなるものの、完全に消えることはありません。

アカチャンホンポ公式サイトより引用

急激にお腹が大きくなるため、皮膚が追い付かずに線ができてしまうんですね。

一度できてしまったら完全に消えることはないそうです。

できるなら妊娠線を作らずに出産を迎えたい…!!

この記事では実際に妊娠・出産を経験した新米ママとして、妊娠線対策のポイントやおすすめアイテムをご紹介します。

 この記事のまとめ 

●妊娠線のメカニズムとは
●どうすればできないの?対策方法一覧
●『予防』が肝心!おすすめアイテム
>>常にママのためを考えているスウィートマミーおすすめクリーム

 

わたしの実体験とともにご紹介します♬

妊娠線のメカニズムとは?

妊娠線とは?

フリー写真, 人物, 女性, 妊娠, 妊婦, 人と風景, 人と花, 花畑, 手でハートを作る, ハート

妊娠中期以降は、徐々にお腹が大きくなってきますよね。

妊娠中は今までの人生の中で一番お腹が膨らみました‥!

お腹が大きくなってくると皮膚が伸びてしまうため、皮下組織がひびわれてしまい、その線がお腹に残ってしまうんです。

これこそが『妊娠線』と呼ばれているものとなります。

妊娠中のお腹を支えるのは『妊婦帯』『腹帯』と呼ばれるグッズがおすすめ♬

楽天で一番人気は『犬印本舗のはじめての妊婦帯』

補助ベルト付きなので大きなお腹を楽々サポートしてくれます。

 

できやすい場所

妊娠線ができやすいのは、まず一番にお腹があげられます。

しかしお腹だけではなく、足や腕など人によってできる箇所は様々なことが特徴です。

脂肪がつきやすい箇所には妊娠線もできやすいので注意が必要です。

妊娠線ができるのはお腹だけじゃないんですね‥!!

妊娠線ができるとどうなるの?

妊娠中の女性保持テディベア - 妊娠 ストックフォトと画像

妊娠線は病気ではないので、できてしまってもママやおなかの赤ちゃんには影響がないそうです。

それはちょっと安心できる情報ですね。

ただし一度できると完全に消えることはないと言われているため、気になる方は予防することが重要となります。

できてしまったら仕方がないけど、できることなら対策しておきたいですね。

妊娠線を作らないための対策は?

妊娠線予防にはとにかく保湿?!

フリー写真, 人物, 女性, アジア人女性, ベトナム人, お母さん(母親), 妊娠, 妊婦, 人と風景, 花畑

妊娠線を作らないためには、とにかく保湿が重要だと言われています。

皮膚の表面は体の変化に対応することができますが、奥の真皮や皮下組織の一部は急激な伸びに耐えられず、断裂(肉割れ)を起こします。これが妊娠線です。

スウィートマミー公式サイトより引用

妊娠中はホルモンバランスも崩れがちなので、肌荒れが気になる方も多いはず。

肌荒れや乾燥が気になる状態で皮膚が伸びてしまうと、伸びに耐え切れずに妊娠線ができてしまいそうですよね。

妊娠中はとにかくホルモンバランスが崩れました。一時的な肌荒れもありました…。

妊娠線ができるのは皮膚の奥にある真皮であるため、保湿だけで防ぎきれるかは疑問の余地がありますが、

逆に言うと保湿ぐらいしか対策がないというのが正しい言い方なのかもしれません。

 💡 豆知識 

妊娠線には『治療』も存在するらしいです。
そのため、妊娠線対策としては『予防』と『治療』があると言えます。
治療については美容クリニックで対応しているところもあるようですが、あまり一般的ではないようです。
このブログでは治療ではなく『予防』をするための内容を書いていこうと思います。

 

妊娠線以外の肌トラブル

妊娠中はホルモンバランスが崩れると書きましたが、

妊娠線以外にも肌荒れや乾燥が起きやすいデリケートな状態になっています。

より敏感肌になってしまったり、乾燥肌になってしまったり、普段とは違う状態に変化する可能性が大いにあります。

今までニキビはほぼできたことがなかったのですが、妊娠中はニキビがいくつかできてびっくりしました。

これらのトラブルにも『保湿』は有効であるため、妊娠中の肌トラブルを総合的にケアできる『保湿対策』が必要となってきます。

✍ Point

妊娠中は乾燥だけでなく冷えも大敵!
お風呂でしっかり温まりましょう♨
>>楽天ランキングで3年連続1位を獲得した入浴剤はこちら

 

妊娠線におすすめのクリーム

スウィートマミーオリジナルの美ボディケアシリーズ

妊娠線ケアの保湿クリームはたくさんありますが、

その中でも『スウィートマミーオリジナルの美ボディケアシリーズ 』は、TVでも紹介された人気アイテムです。

 美ボディケアシリーズの特徴 

●医療法人運営の産後ケアセンターと共同開発
●植物由来成分90%以上配合
●高い保湿力×浸透力
●肌に優しい低刺激性
●塗るだけ、体温で浸透

 

妊娠線クリームは数多く発売されていますが、その中でも『美ボディケアシリーズ 』がおすすめである理由を書いていきたいと思います。

実際にママたちの声をもとに開発

美ボディケアシリーズを開発した『スウィートマミー 』は、プレママやママに大人気のブランド。

マタニティ用品や授乳用のフォーマル服など、プレママやママに嬉しい商品がたくさん販売されています。

スウィートマミー限定のディズニーデザイン【ディズニーコレクション】2ピーススクエアネックTOPS&ワンピース《授乳服 マタニティ マタニティウェア フォーマル レースロングマキシ マタニティワンピース》

ここのワンピース、妊娠中でも着られるのにデザイン性が高くて人気ですよね!

数多くのママに愛されているブランドなので、

妊娠線クリームの開発についても、実際にママたちからの相談を受けて開発されたんだそう!

公式サイト には実際にママたちからの不安の声が掲載されていました。
【実際にあげられたママの声】
●妊娠してから肌がより敏感になって不安です。
●皮膚が弱いのにスキンケアってできますか?
●肌のごわつきにどうしていいかわかりません…

スウィートマミー公式サイト より引用

実体験をもとに開発されているのは、数多くのママに愛されるスウィートマミーならではですね!

産後ケアセンターとの共同開発

妊娠中はNGな薬や飲み物も多く、口に入れるものはとても気を遣いますよね。

それは肌にも同じこと。

たとえ「妊婦NG」となっていなくても、

妊娠中の敏感な肌はトラブルを起こしやすいため、肌に優しい成分のスキンケアを使うことは非常に大切です。

でも、肌に優しい成分ってどうやって選んだらよいか悩みますね。

スウィートマミーオリジナルの美ボディケアシリーズは、医療法人白報会グループの産後ケアセンター、Mammy TOKYO BAYとの共同開発により誕生したクリームのため、

保湿サポート成分・柔軟性サポート成分を含んだ肌に優しいストレッチケアクリームなんです。

そのため、デリケートな妊婦さんでも安心して使うことができますね。

植物性由来成分90%以上配合

スウィートマミーオリジナルの美ボディケアシリーズは、植物性由来成分を90%以上配合しており、
植物の恵みをぎゅっと詰め込んだ優しいクリームになっています。

主成分

●アルガンオイル
●プエラリアミラフィカ根
●カニナバラ果実エキス
●ザクロエキス
●ライマメ種子エキス
●ローマカミツレ花油

 

天然由来成分を活かす配合比率のサポート成分のおかげで、うるツヤの肌を実現できるのだとか。

肌に優しいだけでなく、しっかりと保湿もしてくれるクリームなんですね。

 

ケアが必要な期間は?

目安は妊娠16週目~産後

妊娠線のケアは、妊娠16週目~産後を目安に実施すると良いと言われています。

お腹が大きくなり出す頃から元の体形に戻るまでは肌が伸縮するため、その期間にケアが必要となります。

美ボディケアシリーズのコスパ

美ボディケアシリーズの価格や容量は下記となっています。

価格容量使用目安
5,940円(税込み)150ml1.5か月分
公式サイトより引用

1日あたり約132円換算ですね。

これを安いと思うか高いと思うかは個人の判断によりますが、

産後ケアセンターと共同開発し妊婦に寄り添って作られたクリームということを考えれば、決してコスパは悪くないと思います。

ペットボトルおよそ1本分と考えると、個人的にはコスパが良いと感じました。

美ボディケアシリーズの購入方法

美ボディケアシリーズはスウィートマミーの公式サイトから購入することができます。

さいごに

妊娠中は肌だけでなく体調や心のバランスも崩しやすいので、なるべくストレスなく過ごしたいですよね。

『妊娠線ができちゃうかも‥』と思いながら過ごすのではなく、

出来る限りのケアをしたうえで、楽しい妊娠ライフを送ってください°˖✧

\ New Post /

カテゴリー